長岡花火を見て思い出したこと─遠くの所に思いを馳せて

昨日の夜、テレビで長岡花火を見ました。東京とは違い、空にさえぎる建物がないため、悠々と大きな花火が打ち上げられました。花火は全体的に迫力がありましたが、ただ大きいだけでなく、繊細な美しさもありました。特に復興祈願花火の「フェニックス」は、大規模で感動するものでした。

地方での行事を見て、地方に住むことにも良さがあるのではないかということを思い出しました。
都会にも田舎にもそれぞれの良さがあるように思えます。よく言われているように、都会は便利、田舎は自然が多くのどかなところが良いと思います。
田舎は職が少ないのが難点だと思いますが、自然の多い所で職が見つかり、そこに住めたら、都会では味わえないような生活を味わえるように思えます。
ところで、地方にもショッピングモールが進出し、買い物が昔よりもしやすくなったと思います(車での移動が必要なことが多いとは思いますが)。

私は、精神の都合上、自分で車を運転することはできませんが、父がまだ車を運転できるので、家族で遠くにドライブに行きたく思うことがあります。住んでいる所と遠く離れた所に行くと、気持ちを入れ替えることができて良いと思います。ダイエット1番