この部屋をもっともっと片付けたい。綺麗に断捨離したい

万年断捨離やってる気がする。それでもモノは増えていく。
ときめき片付けによると、一気に片付けるのがいいらしい。でもそれはあまりにものがありすぎて
できないから、毎日やる。なんで急に断捨離をするようになったかというと、それは
Amazonのおすすめリストで断捨離の本が出てきたから。
なんで彼が急に、もう一部屋借りようとしたのかはわからない。
私は貧困妄想があるから、お金がなくなるんじゃないかという心配がある。
お金はもう十分にあるのに、お金がなくて死にかけた時のトラウマが消えない。
でも、この家に来てから、ラッキーなことばっかりだ。引っ越ししてよかった。
お金はぜんぜんなかったけれど、ここに引っ越せてよかった。
おかげで障害年金も降りたし。それに、貧困層から脱出も出来た。
貧困層、普通層、プチリッチ層の3種類の人生を歩むことができた。人生に感謝。
お金がない時期も、私には必要だったのだなあ。
税理士事務所では極貧だったけど、なんとかなったし。

久しぶりの散歩!なかなか前に進みません…

母が出不精なため、明日は行こう!と決めてはいても、なかなか我が子を散歩に連れて行けない毎日…

そんな母を察していたのか、今日は子どもが実力行使に出ました。
タンスから帽子を引っ張り出して自分で被り〜、靴下を履かせろとせがみ〜、お気に入りのサンダルを私の頭に乗せてきました。
「しょうがないな〜、散歩行く?」と聞くと目を輝かせる我が子。
半袖でも暑いくらいなのに、「ジャンバー!」と、上着まで着て、いざ出発です。

が!
動かない…

車の周りをうろうろ…
植木のウッドチップを拾っては渡し…
全然敷地から出てくれない…

しびれをきらして、抱っこで敷地からちょっと離れたところに移動。
でも動かない…

落ち葉を集めてパイプに突っ込む…
溝の周りの小石を集める…
草をむしる…
よういどん!と声をかけると、スタスタと走るものの、5mほどでまた立ち止まり、元の場所へと戻っていきます。

お散歩しないのー?と聞くと、抱っこーとしがみついてきたので、敢えなく今回のお散歩は終わりを告げました。

所要時間
30分
移動距離
50m(笑)

手を繋いで色んな風景を見ながら歩き回るという理想とは程遠い結末でした。
散歩にも練習が必要ですね。
また行こうね!
明日か…
明後日か…
ママ頑張るから!